東京でシェアハウスを借りる魅力

東京で賃貸を探したことがある方はわかると思いますが、高いですよね…。ひとり暮らし物件でも7,8万が平均で地方と比べると2倍近くする相場です。そんな東京で相場より安く、しかも広い部屋を借りることが出来る手段があるんです。それがシェアハウスです。シェアハウスとは一つの物件に複数人で住み、文字通り共有分をシェアすることで一人ひとりの負担を安く済ますことが出来る方法です。複数人で住むので共有部分のリビングなどはかなり広いところが多いです。一人で借りるならとても負担できないような部屋を利用することが可能となります。シェアハウスの魅力はなんといっても共有分が利用できる点と、シェアするところはしっかりするけど、プライベートもきちんと守られているという2点があげられると思います。

東京のシェアハウスは共有部分が充実

最近では地方にもシェアハウスは増えてきましたが、やはり充実しているのは東京ですね。かなり数も増えてきているので、どうやって選べば良いかも基準が難しくなってきています。一つ基準として探す際の指針としてもらいやすいこととしてはシェア部分の充実があげられると思います。これはシェアハウスに限らず、例えばホテルなどでも宿泊者が自由に使える施設としてジムやプールがあることをうりにしているのと同じです。共有分がどれだけ充実しているか、他の物件にはない魅力を持っているかに重点を置いて物件を探すと良いかなと思います。そういった点で東京は物件数は確かに多いですが、逆に面白い物件の数も多いので、きちんとリサーチするとかなり魅力的な物件に出会えるのではないでしょうか・

東京のシェアハウスはプライベートもしっかり守られている

地方にもシェアハウスが増えてきているのは先程もお書きしましたが、東京に比べて、地方ではただ安くなればいいという目的で貸し出されている物件もあります。それを見極める方法はプライベートは守られているかどうかです。具体的にいうと個室は広くないにしてもきちんとした部屋で用意されているかは注意しないといけません。地方ではその辺りの考慮がされてない物件もおおく、薄い壁でしきられていたり、ひどい所はパーテーションやカーテンだけで仕切られていたりするところもあります。東京の物件はその辺りはさすがに行き届いている物件が多く、部屋ごとのエアコン完備の物件もありますし、トイレは共有でなく個室に付いている物件もあったりとかなり充実しています。東京は家賃相場が高いです。だからこそシェアハウスの良い面をきちんと反映している物件を探せば、より充実した東京ライフが送れると思います。

マンションやシェアハウスにはない新しいライフスタイル、それがソーシャルアパートメント! 保証金(敷金)、礼金1ヶ月。仲介手数料は不要です。 外国人も多いため英語力の向上にも最適です。 価格はシェアハウス・ワンルーム以上1LDK未満。 1人の時間、空間を確保しながら交流のある生活を楽しめる、新しい一人暮らしのスタイルをご提案します。 東京でシェアハウスをお探しの方はソーシャルアパートメント